HOME>コラム>選ぶ人が増えている葬儀スタイルとは?家族葬について紹介

選ぶ人が増えている葬儀スタイルとは?家族葬について紹介

香典

葬儀スタイルを選ぶ時の注意点

葬儀のスタイルも時代とともに変化し、今はより個性的な葬儀、小規模な葬儀が選ばれることも増えています。故人の生前での意思を重視する、家族と相談して葬儀スタイルを選ぶことができますが、特に親しい親族や友人らで行われる家族葬の人気が高まっています。家族葬では心のこもった葬儀ができるのがメリットですが、やはり注意点もあります。訃報はどこまで知らせるのかも悩むところですが、亡くなったことは伏せる必要はありませんので、葬儀に参加してもらわない人にも身内だけで行うことはきちんと伝えておきましょう。さらに近隣や会社にも不幸があったことを伏せることは難しいので、こちらもある程度のお付き合いがある人には伝えておきたいところです。そして親族の中には家族葬に抵抗を感じる人がある場合もありますので、話し合いはきちんと行っておくことも大切です。

男性

家族葬が他のスタイルと違うところ

家族葬が一般的な葬儀と違うところも知っておきたいですが、まず一般的な葬儀では家族や親族はもちろん、生前ご縁のあった友人や知人、会社関係など多くの人が訪れますので参列者も多くなる傾向にあります。そして家族に面識がない人が参列に訪れることも珍しくありません。大規模な葬儀になることも多く、多くの費用が掛かる傾向にあります。これに対して家族葬は家族や親族などごく親しい人だけで行われる葬儀で、規模も小さくなり、費用もよる少なく抑えることができます。弔問客への対応に追われることがなく、よりリラックスできる、故人とゆっくりお別れの時間を取れるのがメリットです。葬儀の一連の流れは家族葬も一般的な葬儀と同じように行われますので、簡略化されるということではありません。

広告募集中