>注目記事>葬儀の流れを知る【交渉は世話役に依頼しよう】

葬儀の流れを知る【交渉は世話役に依頼しよう】

線香

葬儀社に依頼する時の流れ

葬儀社に依頼する際は、葬儀社との打ち合わせがとても重要になります。葬儀とは人の死に関わることなので、時間的にも精神的にも余裕がなくなることが多いです。1人で交渉をする場合、正常な判断が難しくなり満足のできる交渉ができなくなることがあります。そのため、親族側の要望が叶いにくくなってしまいます。親族側の要望を叶えられる十分な交渉をするためにも、親族複数人や世話役を立てて交渉をすることが大切です。

知っておきたい葬儀のマナー

数珠

葬儀に参加する際の服装

葬儀は不幸なことなので、可能な限り黒い服など地味な服装にすることが好ましいとされています。葬儀・告別式に参列する際は一般的に礼服が多いです。しかし、どうしても時間が取れない場合は黒めの平服、取り急ぎの場合は平服でも良いとされています。

葬儀に持っていく数珠

葬式や法事の際に手にするものとして数珠があります。数珠とは明治時代から魔除けのものとして使用されてきました。数珠は両手を合わせて、人差し指と親指の間にかけます。数珠には様々な種類があり、宗派によって違いますが、一般的には各宗派共用の一連タイプを使用することが多いです。

葬儀の際の合掌の仕方

葬儀の際には一般的に合掌を行います。合掌には仏様を尊び、供養するという気持ちを表したものと言われています。合掌には様々な種類がありますが、一般的な合掌は手と手をきちんと離さずつけて肩の力を抜くようにして手を合わせます。

通夜を行う際のマナー

通夜は夜通し故人の遺体と共に過ごすことを言います。通夜は正式な儀式ではないため厳密なマナーはありませんが、席順は血縁の近い人から祭壇のそばに着くのが一般的とされています。また焼香は配偶者や長男など喪主が最初に行ないます。

広告募集中