注目されている家族葬

葬儀は血縁関係だけでなく地縁や職場関係を重視したものとされてきました。しかし、最近では高齢化社会や核家族化が進むことや老後の交友関係の減少から、家族葬と呼ばれるものが注目されてきています。家族葬は家族や特別親しい人のみで行う葬儀のことで、著名人の葬儀でも行われることが増えています。

故人の遺志に配慮しよう

葬儀では故人の遺志を配慮することが大切だと言われています。特に多い故人の要望として、シンプルな葬儀にしたいという理由で家族葬を行ってほしいなどがあります。しかし、葬儀は元々遺族が故人の死を受け入れるための儀式です。そのため、遺族の負担が極端に大きい場合など、故人の遺志よりも遺族が後悔しない葬儀を行ったほうが良い場合もあります。そのような場合は故人の遺志も、遺族の意思も配慮してくれる葬儀社を探すことが大切です。

葬儀の種類

合掌

落ち着いてお別れができる家族葬

最近では人も多く、慌ただしくなってしまう一般葬と比べて、家族葬が注目を浴びています。家族葬は参加する人が身内や特別親しい人のみで行うプライベートな葬儀なので、一般葬よりも落ち着いてお別れをすることができます。

最も行われる機会が多い一般葬

最も行われる機会が多い葬儀の形式として一般葬があります。一般葬は家族葬とは違い、身内に限らず親しい人や職場関係者も参加します。一般葬の費用は場合により、家族葬よりも費用負担が少なくなることもあります。

喪主の負担が少ない1日葬

最もシンプルな葬儀の形として一日葬があります。通常は葬儀は通夜と告別式の2日間で行われます。しかし1日葬は通夜から火葬までを1日で終わらせます。そのため、1日葬は喪主の負担が減るため、家族葬と共に行われることが多いとされています。

会社が施主となって行う社葬

社葬は会社が施主となって行われる葬儀の形を指します。社葬は会社のステータスを示す葬儀であるため、会社全体で行う会葬者の多い大規模な葬儀となります。また、会社と遺族が共同で行う合同葬を行う場合や社葬が終わったあとに家族のみで密葬を行う場合もあります。

葬儀の流れなどを把握しよう【きちんと見送る準備】

葬儀場

家族葬の流れや費用相場

家族のみで行う家族葬は一般葬と同じような流れで通夜や告別式を行ないます。唯一異なる点は故人の職場関係者など周囲の人への対応です。家族葬は家族のみで行いますが、一般葬は故人の職場関係者など周囲の人に知らせる必要があります。また費用面で比べた場合、家族葬は人を多く集める一般葬と比べてかかる費用が異なります。葬儀一式の費用や寺院の費用は一般葬と変わりませんが、人数が少ないことを活かし飲食の費用を抑えることで葬儀にかかる費用を抑えることができます。そのため家族の葬儀の行ない方次第で大きく差が生じます。また葬儀社に依頼する費用は都道府県によって異なりますが、首都圏で比べた場合大きな差はないとされています。

大阪で葬儀を執り行なおう

世田谷で葬儀を執り行なう前に優良会社を確認しよう

東京で葬儀を行なうために欠かせない情報とは?

葬儀といえば横浜のコチラの業者☆

広告募集中